試験(しけん)特長(とくちょう)

特長(とくちょう)

進学(しんがく)就職(しゅうしょく)指標(しひょう)とする。

面接(めんせつ)試験(しけん)履歴書(りれきしょ)では(はか)れない日本語(にほんご)能力(のうりょく)具体的(ぐたいてき)数値(すうち)(しめ)しているため、外国(がいこく)人材(じんざい)採用(さいよう)条件(じょうけん)高等(こうとう)教育(きょういく)機関(きかん)出願(しゅつがん)資格(しかく)として活用(かつよう)することができます。

特長(とくちょう)

()きた日本語(にほんご)能力(のうりょく)評価(ひょうか)

(じっ)社会(しゃかい)日本人(にほんじん)使(つか)っている表現(ひょうげん)積極的(せっきょくてき)問題(もんだい)()()れ、日常(にちじょう)での運用(うんよう)能力(のうりょく)評価(ひょうか)します。職場(しょくば)学校(がっこう)(じっ)生活(せいかつ)()(いま)まさに使われている表現(ひょうげん)語法(ごほう)文法(ぶんぽう)語彙(ごい)(おお)出題(しゅつだい)しています。

特長(とくちょう)

(ぜん)レベル対応型(たいおうがた)試験(しけん)

問題数(もんだいすう)は190(もん)基本的(きほんてき)問題(もんだい)から高度(こうど)なレベルの問題(もんだい)まで(そろ)っています。上級者(じょうきゅうしゃ)基礎(きそ)見直(みなお)すことができ、初級者(しょきゅうしゃ)高度(こうど)問題(もんだい)()()むことで学習(がくしゅう)目標(もくひょう)設定(せってい)することができます。

特長(とくちょう)

「スコアの活用(かつよう)チャンスが(おお)い」

JPETは年間(ねんかん)11(かい)実施(じっし)され、ほぼ毎月(まいつき)受験(じゅけん)ができます。しかも(やく)週間(しゅうかん)以内(いない)結果(けっか)がでるため、企業(きぎょう)への採用(さいよう)エントリー、大学(だいがく)などへの出願(しゅつがん)のタイミングを(のが)しません。また、JLPT日本語(にほんご)能力(のうりょく)試験(しけん)との評価(ひょうか)比較(ひかく)資料(しりょう)()ますので、企業(きぎょう)大学(だいがく)などに日本語(にほんご)能力(のうりょく)判断(はんだん)してもらいやすいこともメリットです。

特長(とくちょう)

結果(けっか)合否(ごうひ)ではないスコア方式(ほうしき)

1000(てん)満点(まんてん)のスコアで評価(ひょうか)されます。受験(じゅけん)(たび)伸長度(しんちょうど)がわかり、勉強(べんきょう)(はげ)みになります。また、自分(じぶん)得意(とくい)分野(ぶんや)弱点(じゃくてん)把握(はあく)できるため、日本語(にほんご)学習(がくしゅう)役立(やくだ)てることができます。また、CEFR基準(きじゅん)日本語能力(にほんごのうりょく)(はか)ることができます。

特長(とくちょう)

「3種類(しゅるい)問題(もんだい)種別(しゅべつ)

(じっ)社会(しゃかい)のあらゆるシーンを想定(そうてい)した出題(しゅつだい)の「General」を年間(ねんかん)7(かい)実施(じっし)します。それに加え(くわえ)、ビジネスシーンでよく使(つか)われる会話(かいわ)文章(ぶんしょう)からの出題(しゅつだい)(おお)くした「Business」を年間(ねんかん)2回、高等(こうとう)教育(きょういく)(まな)(さい)必要(ひつよう)語彙(ごい)会話(かいわ)文章(ぶんしょう)からの出題(しゅつだい)(おお)くした「Academic」を年間(ねんかん)2(かい)実施(じっし)します。

特長(とくちょう)

復習(ふくしゅう)役立(やくだ)結果(けっか)データの提供(ていきょう)

試験(しけん)結果(けっか)合計(ごうけい)得点(とくてん)と、「(ちょう)(かい)」「読解(どっかい)(べつ)得点(とくてん)(ほか)、11分野(ぶんや)(ごと)得点率(とくてんりつ)個人(こじん)成績表(せいせきひょう)表示(ひょうじ)します。自分(じぶん)弱点(じゃくてん)発見(はっけん)でき、強化(きょうか)すべき分野(ぶんや)がわかります。また、過去(かこ)(2(ねん)以内(いない))に受験(じゅけん)した(かい)得点(とくてん)表示(ひょうじ)されますので、自分(じぶん)得点(とくてん)()びを確認(かくにん)することができます。

特長(とくちょう)

模試(もし)定評(ていひょう)のある駿(すん)(だい)出題(しゅつだい)分析(ぶんせき)

難関校(なんかんこう)受験(じゅけん)指導(しどう)有名(ゆうめい)駿(すん)(だい)予備(よび)学校(がっこう)母体(ぼたい)である駿河台(するがだい)学園(がくえん)が、30余年(よねん)日本語(にほんご)教育(きょういく)経験(けいけん)実績(じっせき)集結(しゅうけつ)し、出題(しゅつだい)分析(ぶんせき)(おこな)います。長年(ながねん)出題(しゅつだい)経験(けいけん)(すぐ)れた分析(ぶんせき)により、正確(せいかく)日本語(にほんご)能力(のうりょく)評価(ひょうか)可能(かのう)です。

特長(とくちょう)

団体(だんたい)受験(じゅけん)可能(かのう)

企業(きぎょう)単位(たんい)学校(がっこう)単位(たんい)団体(だんたい)受験(じゅけん)ができます。昇進(しょうしん)試験(しけん)定期(ていき)テスト・実力(じつりょく)判定(はんてい)テストとしての利用(りよう)可能(かのう)です。受験後(じゅけんご)指導(しどう)役立(やくだ)団体(だんたい)受験(じゅけん)専用(せんよう)分析(ぶんせき)データを提供(ていきょう)します。団体(だんたい)受験料(じゅけんりょう)特典(とくてん)があります。

学校(がっこう)法人(ほうじん)駿河台(するがだい)学園(がくえん)について≫

 JPET(日本語(にほんご)能力(のうりょく)評価(ひょうか)試験(しけん))を運営(うんえい)する学校(がっこう)法人(ほうじん)駿河台(するがだい)学園(がくえん)は、日本(にほん)(もっと)有名(ゆうめい)大学(だいがく)受験(じゅけん)予備校(よびこう)である駿(すん)(だい)予備(よび)学校(がっこう)をはじめとして、多種多様(たしゅたよう)教育(きょういく)機関(きかん)(よう)する駿台グループの運営(うんえい)母体(ぼたい)です。

 駿(すん)(だい)グループは、創始者(そうししゃ)(やま)(ざき)寿(とし)(はる)が101年前(ねんまえ)の1918年(ねん)創設(そうせつ)した東京(とうきょう)高等(こうとう)受験(じゅけん)講習会(こうしゅうかい)発祥(はっしょう)とし、現在(げんざい)は、関連(かんれん)法人(ほうじん)(ふく)め、駿(すん)(だい)予備(よび)学校(がっこう)(ほか)に、大学(だいがく)専門(せんもん)学校(がっこう)高校(こうこう)中学校(ちゅうがっこう)小学校(しょうがっこう)幼稚園(ようちえん)、さらには、海外(かいがい)11拠点(きょてん)展開(てんかい)する日本人(にほんじん)子弟(してい)のための駿(すん)(だい)海外校(かいがいこう)や、これらを(ささ)える各種(かくしゅ)教育(きょういく)機関(きかん)研究(けんきゅう)機関(きかん)(など)(とお)して、非常(ひじょう)(おお)くの教育(きょういく)サービスを提供(ていきょう)しています。

 外国人(がいこくじん)への日本語(にほんご)教育(きょういく)(かん)しては、30余年(よねん)歴史(れきし)があり、現在(げんざい)グループ(ない)数多(かずおお)くの外国人(がいこくじん)留学生(りゅうがくせい)(むか)えております。

駿河台学園グループの沿革
1918年 山﨑寿春、東京・神田錦町に「東京高等受験講習会」を創設
1970年 駿台電子計算機専門学校(現・駿台電子情報&ビジネス専門学校)開校
1978年 駿台ELS英語学院(現・駿台外語&ビジネス専門学校)開校
1980年 駿台トラベル専門学校(現・駿台トラベル&ホテル専門学校)開校
1980年 駿台外語専門学校(現・駿台観光&外語ビジネス専門学校)開校
1980年 駿台甲府高等学校開校
1987年 駿河台大学開学(埼玉県飯能市)
1988年 留学生に対する日本語教育開始
1992年 駿台国際教育センター設立 ・駿台シンガポール校開校(海外校第1号)
1999年 駿台法律経済専門学校(現・駿台法律経済&ビジネス専門学校)開校
2015年 一般社団法人 日本経済団体連合会入会
2017年 一般社団法人 日本在外企業協会入会
2018年 駿台創立100周年
駿台海外校(2019年9月時点)

ニューヨーク・ニュージャージー・ミシガン・ヒューストン・デュッセルドルフ・フランクフルト・ミュンヘン・ シンガポール・クアラルンプール(マレーシア)・バンコク・ジャカルタ・マニラ・ヤンゴン(ミャンマー)・上海〈古北・浦東〉・香港・台北

学 部 法学部・経済経営学部・メディア情報学部・心理学部・スポーツ科学部(2020年4月開設)
大学院 総合政策研究科・心理学研究科

Page
TOP